気が付き過ぎて生きづらいHSCの子どもへの関わり方

HSC
スポンサーリンク

まだ子どもなのに、あまりに完璧主義だったり、失敗すると自己嫌悪に陥ったり、かんしゃくがあまりにもひどくて対応に困っていませんか?実は5~6人に1人はHSCというとても敏感な気質を持っているお子さんだったりします。今日はHSCのお子さんを育てるに辺り、気を付けておきたい関わり方や対応法について考えていきたいと思います。

空に絵を描く男の子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

HSCの子どもへの対応法・関わり方(私が気を付けていること)

HSCとはHighly Sensitive Childの略で、いろんな感覚が敏感で生きづらさを感じている子の事です。神経質・気にし過ぎ・大げさ・繊細過ぎる・ナイーブ過ぎる・打たれ弱いと言われてしまい、生きづらくなってしまうことがあります。

子どもがHSCであることを受け入れる

受け入れるって、口で言うのは簡単ですが、実際の対応・行動に反映させるのは結構難しいことだと思っています。発達障害の対応でも再三「まずは受け入れる」とアドバイスしますが、私自身、受け入れた対応ができるようになったのは、発達障害の診断を受けてから1年後くらいだと感じています。

HSCであることで、生きづらかったり辛い思いを人よりも多くしてしまうのはお子さんなので、まずはお子さんの気質としてのHSCを受け入れること。

子育てってどうしても、しつけであったり世間体を気にして、ちゃんとしなきゃ、ちゃんとさせなきゃって思いがちですよね。もちろん、成長過程の上で、生きていく世界である世の中を知ること、世の中に合わせていくことも大切なことではありますが、まずはお子さんの最初の居場所である家族という社会でお子さんの気質を受け入れてみませんか?

「そんなんじゃ、友達に嫌われちゃう」「大人になったらやっていけないよ」「世の中そんなに甘くない」というような大人の固定観念や世間体は、家族の中で安心して過ごせた後、初めて出ていける世界だと思っています。

どんな子であっても、まず第一に安心して過ごせる家族の元が自分の居場所になれるように、お子さんそのままの姿を「そう思うんだね」「気になるんだね」と受け入れてみましょう。しつけは、その先にある対応と行動だと思っています。まずは土台を作ること。どんな対応よりも一番大事だと思っています。

かんしゃくやパニック状態のときは何も言わずに抱きしめる(そばにいる)

HSCじゃなくてもかんしゃくやパニックのときは、接する人は基本、何もできないのですが、落ち着くまで声をかけずに黙って抱きしめて背中をゆっくりさすったり、そばにいて手を握ったりしています。

発達障害のパニックのときに同じ対応をしているのと、かんしゃくになる・パニックになるくらい、感情があふれてしまっているので、何かを言っても理解しづらいかなと思って何も言わずに傍にいるようにしています。

課題を減らす

家に帰ってきたら、宿題やって、家の手伝いもやって、塾や習い事に行って、習い事の宿題もやって、ペットの世話、遊びの片づけ、などなど、幼稚園や学校から帰ってきてもやることがいっぱいあると、心をリセットする時間がなくなってしまいます。

ボーっとしているように見えて、実は心を解放したり、余分な情報を発散したりしているかもしれません。寝っころがっているようで、疲れたけど楽しかったなぁと感情を確かめているかもしれません。

きっと、繊細で四方八方にアンテナを張り巡らせているので、ONとOFFを意識的に切り替えてあげないと、ずっとONになりっぱなしでヒートアップしてしまうかもしれませんよね。うちの子たちは塾には行ってませんが、チャレンジタッチをやっていました。習い事もしています。お手伝いも毎日していました。

ですので、チャレンジタッチは次男の希望で退会。習い事はまだ迷っているみたいで検討中で、お手伝いは一旦お休みにしました。毎日自分が食べた茶碗洗いをやっていましたが、しばらくお休み。気が向いたときに手伝ってもらうことにしました。ペットの世話もしばらく私がやることにしました。

次男がやることは、学校・宿題・お風呂・ご飯・寝るの4つにしました。

生まれたときは、とにかく死なずに元気に大きくなってほしいと思っていたのに、成長とともにあれこれ求めてしまっていましたね。よく食べて、よく寝て、好きなことに時間を使えるようにしてみました。次男が自分のことをわかるようになってきたら、できることから少しずつ増やしていこうかなと思っています。

1人の時間を作ってあげる

興味のあること、好きなことへの意欲と集中力はかなりあると思います。1人の時間と場所を確保してあげることで、過敏にならずにすむ、誰も気にせずに休める、好きなことができるので自分を解放できると思います。

専用の子ども部屋が作れない場合は、押し入れの1画、パーテーションで仕切る、カーテンで仕切る、小さな子は段ボールの部屋など、1畳ほどのスペースでも1人の場所は確保できます。トイレ以外で休む場所があると、本人が安心できると思います。

うちは、カーテンまで大がかりには出来ずに、壁に紐を張って長い布で仕切りを作っています。長男も次男も1人の空間がないと次の日学校には行けないそうです。私も会社でストレスが溜まってくると、大き目のスカーフを頭からかぶって「話しかけるな」オーラを放っていた過去があるので、気持ちがよくわかります。

強い口調で怒らない

強い口調で怒ったり、怒鳴ったりしなくても、おそらく本人はわかっていると思います。おそらく今は譲れない何かがあるのでしょう。言うことを聞かないのではなく、自分の主張を持っているのあと思います。納得がいかずに自分の中で葛藤していると思います。

大人の事情で、大人の固定観念と正論で、お子さんの主張をつぶしてしまうのではなく、聞いてみませんか?きっとびっくりする程、深く本質まで考えているかもしれませんよ。

だから大人って嫌いだよって子どもの頃からずっと思っていました。大人が正しいなんて誰が決めたんだ!!大人だって間違っていることもあるんだぞ!!って思ってましたね。子どもが何も言わないのは、反論されることがわかっているからです。反論しないで聞く姿勢を見せてみてくださいね。

最初の1歩を一緒に踏み出す

石橋を叩いても渡らないような気がすると先ほどお話しましたが、本当は好奇心旺盛だと思っています。新しいことも、楽しそうなことも、ちょっぴり怖そうなことも、できればみんなと一緒にやってみたいと思っているような気がしています。

でも周りからの目も気になり過ぎて、最初の1歩が踏み出せない。そんなときは、可能な限り一緒に踏み出しましょう。幼稚園や学校では親が一緒に踏み出すことはできませんが、先生に配慮を求めることはできますよ。ピアティーチャーの先生に相談してそばにいてもらえるようにお願いしてもいいですね。

次男は担任・ピアティーチャー・スクールカウンセラーの3人の先生方に後押しされ、この1年でチャレンジしたことが増えました。年齢に関係なく、一緒にやれるうちは一緒に経験を積むのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク

HSCの特性や気質がわかれば子どもへの接し方がわかる

ボール遊びをする男の子たち

HSCは障害ではなく、特性や気質、性格のように表現されていますが、そのままでは生きづらいということは周りの理解が必要になるわけですよね。

そういう意味で考えると、発達障害と同じところもあるわけですよね。大人の固定観念で接してしまうと、HSCの子どもたちの自己肯定感を下げてしまうわけですし、余計な不安を助長させてしまうことになりかねないわけですから。

5人に1人の割合を少数と見るか、結構いるなと見るかは人によって違うと思いますが、特性や気質(HSCのこと)、生まれつきの脳のしくみが違うということ(発達障害のこと)が問題なのではなく、周りの人たちが「同じであること」を無意識で望んでいることに問題があるのではないかと思っています。

そういう私も次男のことを「何かが違う」と思っていたわけで、それは周りの子と「何かが違う」と感じていて、親子で「違う」という違和感に生きづらさを感じていたわけです。

発達障害の長男を見ていて、周りと違っていい、とわかってはいても、何か違うと感じてしまう。周りの人に、家庭環境のせい、母親の接し方のせい、このままではろくな大人にならないと言われ、素直に傷ついてしまうあたり、やはり人と同じを無意識で望んで、同じであることに安心感を覚えてしまっているのかもしれません。

旦那とか義父母とかママ友とか。何気なく放たれる一言が体中に刺さるように感じてたな・・・。私も次男も居場所がどこかよくわからなかったし。

いろんなことに敏感すぎること、繊細すぎることは、決して悪いことではないと思います。命の危険をいち早く察することができ、回避できる可能性が一番高いのはHSCの子どもたちだと思います。便利な世の中になり過ぎて、いろんな神経が鈍感になってきた人が多いのに対し、まだ人間本来の過敏な感覚と神経回路が残っているんだと思います。

そんな気質なんだ、特質なんだ、ということがわかっていれば、いちいちイライラしなくて済むことは結構あります。逆に、こちらが気を付けておきたいことも見えてきます。大事なことは、HSCの気質と特性をよく知り、親と子どもが安心できる居場所を持ち、明日からの未来に希望が持てることだと思います。

今日が変われば明日は変わります。明日が未来につながっていきますからね。知ることは未来への第一歩です。

スポンサーリンク

振り返り|HSCの子どもへの6つの関わり方

子どもをおんぶする母親

HSCのお子さんへの関わり方として、私が気を付けている対応法を6つ、ご紹介しました。

1.子どもがHSCであることを受け入れる
2.かんしゃくやパニック状態のときは何も言わずに抱きしめる(そばにいる)
3.課題を減らす
4.1人の時間を作ってあげる
5.強い口調で怒らない
6.最初の1歩を一緒に踏み出す

この対応法のある程度の結果がでるのは、次男が成人になってからでしょう。

子育てはいいも悪いもないし、すぐに結果が目に見えなくてわかりづらいもの。でも、できるだけ自分ができることをやってあげたいですよね。他にも参考になる考え方や対応法などがあると思います。

これからも勉強して、参考になるような情報はどんどん共有していきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました