育てにくい子の母親の自分時間の作り方【実践編】

育てにくい子ども
スポンサーリンク

こんにちは!育てにくい長男・次男が幼少期の頃は、どうやって自分時間を作りだしているのかが不思議だった花緒です。

私のように、育てにくい子の母親は、どうやってみんな自分時間を過ごしているかがわからない人が多いです。

今回は育てにくい子に振り回されてしまう母親がどうやったら自分時間を作れるのか、私が考えた方法ですがご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日の質問|子供の先行きが不安で気が滅入ってしまいます。そんな時はどう過ごしていますか?

私も長男が幼稚園辺りの頃は、気が付くと泣いていることがよくありました。メンタルがやばかったんですね。

育てにくい子の子育てをしていると、あまりにも予想外の子育ての連続で、自分もメンタルや知識が追い付いていかないんでしょうね。

先行きが暗く見えて、いつまでこの状態が続くんだろうと思ったものでした。

私は、気が滅入ってどうにもならなかった時は、とりあえず何もしなかったです。長男に好きなように過ごしてもらいました。その方がストレスが少なかったので。

もちろん、長くはできませんが、気が滅入っている時間もそんなに長くは続かないものです。家事もあるし、お腹もすくし、眠くもなりますからね。

お風呂に入ると意外とすっきりしたので、いろんなにおいの入浴剤を買ってきて、毎日違う入浴剤を入れてお風呂に入ったりもしました。

いろんなフレーバーティやお茶も飲みましたし、グミをかたっぱしから食べたこともありました。

いろいろあり、今、私は子育てにおいて気が滅入るようなことはすっかりなくなりました。それは、本を読んで勉強してメンタルケアができるようになったからです。

メンタルケアをすることで、夢のまた夢だとあきらめていた自分時間を取る事ができるようになりました。

産前好きだったネイルができるようになり、週1でネイルを塗り替えることが唯一の気分転換でした。

子供が育てにくくても、やっぱり自分時間の必要性はあると思います。いろんな意味で必要だと思います。

ということで、育てにくい子の母親でもできる自分時間の作り方をお話ししていきます。

スポンサーリンク

育てにくい子の母親が自分時間を作れない負のサイクルのおさらい

ヨガをする女性

こちらの記事でお話ししてきたことを簡単におさらいします。

育てにくい子の母親の悪循環から抜け出した方法

子育てにくい子の母親は自分時間を持つことが難しい

子育てに手がかかる上に日々の家事をやらなくてはいけないから

日々の小さな「できなかった」「おわらなかった」「やれなかった」がストレスの元

自分のメンタルケアをすることで何割かはできていることに気づく

達成感・効率を上げてメンタル・健康を元に戻す

これで一応基準点になった感じ。ゼロ地点。地下から地上すれすれまで顔を出せたもぐらの感じ。

ストレスを感じていた時間→自分時間と入れ替えてみる

今まで、できないことや終わらないことにストレスを感じ、なんかうまくいっていない悪循環の状態だと、どうしても効率は下がるし、モチベーションも上がらないから時間がかかっていたんじゃないかなと思います。

ストレスで余計に食べちゃったり、買い物しちゃったり、イラついて怒ってばかりいたり、ゲームばっかりやっちゃったり・・・

本当は子供とちゃんと向き合いたいのに、家事もちゃんとやりたいのに、自分時間だってちゃんと過ごしたいのに。

なぜか全部できていない自分に自己嫌悪を感じてしまって、いつも下向いていて、愛想笑いが普通になっちゃって、おしゃれとかに気が向かなくなっちゃって。

きっと全体的に効率が悪くなっていると思うし、無駄も多くなっているかもしれないですよね。

そんな母親の悪循環を解決すべく、メンタルケアにチャレンジし、小さな「できた」を積み重ねて達成感を作っていく。

メンタルがある程度正常になれば、家事の効率も上がるし、いろんなことを思いついたりするでしょう。

そうすれば効率が上がった分、隙間時間ができるのは何となく想像できますよね。

この時間を自分時間にしてしまいましょう。

要するに、ストレスでうまくいっていなかった時間と前向きに生きるための自分時間を入れ替えることで、育てにくい子の子育て中でも自分時間ができる、というしくみです。

これなら、うまくいけば自分時間を取れるんじゃないかなと思うんだけどどうかしら。

スポンサーリンク

育てにくい子の母親が自分時間を過ごすための3つの提案

映画をみている人

さて、やっと地上の上に顔を出せるようになりました。明るい未来なんて一体いつになったらくるんだろう、いつまでこの辛い生活が続くんだろう、って思っていた日々に光が見えてきたんじゃないかな。

せっかくなので、心機一転。

いろんなことを自分で見つけてみましょう。子供の目線を思い出して、自分が好きなこと、興味があると思っていたこと、ずっとやってみたかったこと、何があったか思い出してみましょう。

ちなみに、やり方をうまく工夫できれば、できないことはないと思っています。発達障害の長男にもずっとずっとそんな方法でうまくいかないことをできるに変えてきました。

私たちだって、大人だって同じだと思うんです。

確かに子育て中だとできないことってたくさんありますよね。お金の制約も時間の制約もあるし、何よりも子供を置いて1人で行動することは難しい。

でも、発想を変えたら、視点を変えたら、意外とできることがあるかもしれないのです。そこに気づければ、意外と新しいことだってできるかもしれない。

そんな可能性だってあるんだってことを、頭の片隅に置いておいてください。

では、久々に自分時間を過ごす育てにくい子の母親のみなさんに、まずは3つの提案をしてみますね。

育てにくい子の母親は積極的に外に出よう!まずは散歩から。

とりあえずは外に出ましょう。目的とかはなくてもいいので、外に出てみます。

外に出る効果はいろいろあると思いますが、

1.日に当たる
2.風に当たる
3.季節を感じる
4.運動になる
5.社会経験

トイレットペーパーを買いにいくわけでもなく、食事の買い物にいくわけでもない。「やらねばならない」ではないお出かけです。

新しい道を歩いてみたり、新しいお店を見つけたりするのも結構楽しいものです。バスや電車に乗ってもいいですね。

もちろん、育てにくい子も一緒にお散歩してみましょう。黙ってついてくるとは思えませんが、10分だけ散歩してみるとか、新しい道を歩いてみるとか、何かいつもと違うことに目を向けてみましょう。

育てにくい子の母親が行ける施設をうまく利用しよう!

例えば、子供と一緒にいける映画館がありますよね。ママデーみたいな日が設定されているので、その日に映画を観に行きましょう。

子供と一緒に聴けるクラッシックコンサートもありますね。子供が興味がなくても行くだけいってみましょう。最後まで聴く必要はありません。1曲聴けたらコンサートで曲を聴けたことになりますからね。

さらには子供同伴でいけるマッサージもありますし、保育士さんにお願いできる美容院もあります。

キッズスペースがあるお店にランチに行ってもいいし、企業支援のスペースなどは保育園の一時利用ができるところもあります。

保育園や子育て支援の一時保育を利用する、ベビーシッターを利用するなど、子育てに関して支援されているものは積極的に使ってみるといいと思います。

もちろん、合う合わないもありますし、子供が落ち着かなくて結局早々に退散することもあるでしょう。

でも、できることだってあるかもしれないし、子供の成長とともにできるようになることもでてきます。

結果はどうであれ「やってみた」ことは大きな前進だと思いますよ。

育てにくい子と一緒にできる習い事をやってみよう!

育てにくい子にとっては結構賭けな部分もありますが。

習い事をすると外に出るにはとてもいい口実になります。

子供と一緒にできるスイミングやヨガなんかは、子供がある程度育てにくくても受け入れてくれるような気がします。

もちろん、リトミックとかも子供と一緒に参加しますが、できれば親と子の双方がメインになれる方が理想です。

習い事でママ友ができたり、他の大人と関わることで、社会から孤立しやすい育てにくい親子の社会経験ができるわけですね。

入会金がもったいないことになるかもしれませんが、やるだけやってみて、うまくいかなそうだったらやめて他の方法を考えましょう。

スポンサーリンク

振り返り|少しずつ自分時間を増やしていくことが目的

とにかく最初は10分から。10分だけ自分の時間にしてみよう、と心に決めて外に出てみましょう。

何かわからないけど、日に当たって風に当たるとなんか気分が洗われるような気がするのは私だけかな。それとも、みなさん、そこまで滅入ってないかな。

自分のメンタルケアの練習も、自分時間を過ごすことも、始めはリハビリ的なものでいいと思います。

子供は日々成長していきます。成長の先にある困り感は、先々にもずっとあると思うけど、過ぎてなくなっていく困り感も必ずあります。

だから、子供の行動や成長の部分にばかり目を向けて感情を浮き沈みさせてしまうのではなく、自分のメンタルや体調にも目を向けましょう。

子供が育てにくい子だって、10分なら自分のためにできることはあると思います。

その時間は徐々に徐々に増えていくと思います。なぜなら、子供は成長しますし、母親も成長します。学習能力が全くのゼロってことはないと思いますので、昨日よりも今日は改善されていると思います。

それがわかりにくい1mmなのか、わかりやすい1mなのかだけ。

だから今日10分の自分時間を作れたら、明日は11分かもしれないですよね。そうやって、ちょっとずつちょっとずつ増えていくといいなと思います。

3歩歩いて2歩下がっても、1mmしか進まなくても、時がたてば終わることがあると思います。そう思って、ちょっとずつ自分時間を作っていきましょう。

自分のための時間を、ちょっとだけ過ごしてみましょう。

久しぶりの自分時間は、どんな感じがするでしょうね。楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました