【1歳】興味を満たして広げる!成長に合ったおすすめ絵本10選

絵本
スポンサーリンク

子供に絵本の読み聞かせをしたいけど、1歳ってどんな絵本に興味があるの?という方へ、子供の成長に合ったおすすめの絵本を10冊ご紹介します。

子供の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントに、普段からの読み聞かせにピッタリなものばかり厳選していますので、興味のある方のお役に立てればうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1歳の発達と絵本をおすすめする理由

愚図って泣いている男の子

まずは1歳の発達から簡単に確認していきましょう。

1歳の発達

  • どんどん歩く
  • うまくは話せないが言葉が発達する
  • 大人の真似をやってみたいと思うようになる
  • 手先が器用に動くようになる
  • 離乳食の完了期
  • 2歳前はイヤイヤ期の始まり

参考:お子さまの発育と発達<1歳〜3歳>/meiji

参考:【1歳児との接し方】ひとり歩きに言葉の発達……日々の成長を支えるポイントとは/保育のお仕事レポート

1歳の子供に絵本をおすすめする理由

1人で少しずつ歩けるになるにつれて、見えていたものの高さが高くなり、視界が広がり、よりいろんなものがある事に気づく1歳。

あれもこれも何だろう?と思うけれど、行く先々で「ダメ攻撃」に合うわけです。危ない、ぶつかる、壊れる、倒れる、こぼす、汚れるなどなど。

やってみたい、もっと知りたい、という思いと叶えられない現実の狭間で何を思い、何を考えているのでしょうね。

だからこそ、危ないことや、やってほしくないようなことは、絵本を使うといいと思います。今、1歳という年齢で理解できるかどうかを気にするより、こんなものがあるんだな、という知識を少しずつつけていくといいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

1歳の子供の興味を満たせるおすすめ絵本10選

絵本を読むカエルの人形

1歳の子供に読んであげたい絵本を10冊ご紹介します。成長に合わせた絵本を選んでいますので、良かったら参考にしてくださいね。

1さいだもん/無藤 隆 (監修)

1歳からの図鑑のような絵本です。完全な図鑑、というよりは日常で見る事や触れることができるようなものが載っているので、子供が「あ!!これ知ってる!」と思えるようなことがたくさん載っています。

また、家と公園など行動範囲がまだまだ狭い時期なので、家庭の中と公園で見つけられるものには限りがあるというもの。そんな時に使えるのか知識としての絵本。1冊あると重宝します。

ノンタンプレゼントセット(6冊入り) /キヨノ サチコ

絵もおはなしもかわいいノンタンシリーズの絵本です。ノンタンのおはなしは、どのおはなしを選んでも子供にピッタリ。

しつけ的なことや、教えるのはわかりにくい友達とのかかわり、順番などの社会のルールや秩序などをたのしいおはなしで知ることができるので、この先子供の成長に寄り添う絵本になるでしょう。

どうぶついろいろかくれんぼ/いしかわ こうじ

どうぶつの形が抜かれているしかけ絵本です。1歳くらいの子供は、まだ絵本にストーリーがあることに気が付いていない子も多いですし、ページばかりめくって全然読めないことも多い年齢です。

無理におはなしを読もうとするよりは、絵本を開くと楽しい世界がある、ということが分かればいいと思います。

しかけ絵本はページを開くことが楽しくなりますので、1歳児にはピッタリです。ついでに単語が覚えられるようなものだと、一石二鳥ですね。

いろいろバス/tupera tupera

色を覚えるのにとてもわかりやすい絵本です。色とかまだ早いでしょ、と思われるかもしれませんが、1歳の頃に、赤とか青とか喋りだしますよね。

始めに絵本で色のことを知っておくと、後に単語を喋りはじめた時に覚えやすいかもしれません。子供が小さいうちは、身近で見られる乗り物に興味深々ですから、バス+いろで知識を増やしてほしいですね。

どんどこ ももんちゃん|とよた かずひこ

読み聞かせをする親のほとんどが、これはうちの子のことでは?と感じるようなほほえましい絵本。なんと言っても主人こうのももんちゃんが、真っ直ぐ前しか見ていなくて、ひたすら前に進むのです。

それが本当に子供の様子に似ていて、なんかうれしくなってしまう、親子で楽しめる絵本です。

いやだいやだ/せな けいこ

人気の赤ちゃん絵本作家せなけいこさんのおすすめ絵本、いやだいやだ。イヤイヤ期がはじまる1歳後半くらいの子供にピッタリです。

子供のイヤイヤを否定することなく、親の気持ちもそのまま表現し、最後はそれであなたはどうするの?という表現で終わるという、最終的には子供が考える絵本です。

パンのずかん/大森裕子

離乳食が終わって普通のご飯に変わっていく1歳から2歳の子供には、本物そっくりなパンの絵本はいかがでしょう?食べることは生きることの基本ですから、興味を持って食べていきたいですよね。

まるでパン屋さんのようにおいしそうなパンがたくさん載っているので、ぜひ親子で読んでいただき、パン屋さんで食べたいパンを選んでみましょう。その後はパンを買いに行って食べてみると絵本の効果大ですよ。

アンパンマン ことばずかん10周年記念BOX/セガトイズ(SEGA TOYS)

あふれるように言葉が出てくる子供には、楽しく言葉を覚えられる絵本がおすすめです。みんな大好きアンパンマンの絵本なら、喜んで絵本で遊ぶでしょう。

日本語だけではなく英語や二語文などが収録されているので、まさに1歳の子供にピッタリですよ。

ぞうくんの あめふりさんぽ/なかの ひろたか

たくさん歩けるようになった1歳の子供には、お散歩の絵本を読んであげましょう。「ぞうくんのさんぽ」が人気の絵本シリーズですが、あめふりのさんぽもなかなかおもしろいですよ。

おつきさまこんばんは/林 明子

寝る前の読み聞かせにピッタリの赤ちゃん絵本です。あたたかい雰囲気の絵が特徴的で、夜には月がでることを絵本で知ることができます。知識としてだけではなく、やさしく包まれる雰囲気がとてもいいので、出産祝いにも選ばれているおすすめ絵本です。

スポンサーリンク

振り返り|1歳の興味を満たせる絵本がおすすめ

寝ている子供

なんでも知りたいけど、まだうまく話せない1歳は、かんしゃくもおこすし、イヤイヤ期にも入るし、親も子供の対応が大変になってきますよね。

きっと興味がたくさんあるので、たくさんのことを知りたいだけなのでしょう。日々の生活リズムやバランスよくご飯を食べることなんて1歳の頭にはありませんから、親はうまく子供の興味を満たせるように意識をしてみましょう。

絵本もうまく使って、子供の行動に移せるといいですよね。理想に終わることが多いとは思いますが、子供の成長とともに知識や理解が深まれば、少しずつ子供もわかってくるときがきますよ。

スポンサーリンク
絵本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花緒の相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました