子育てに余裕を持つにはどうすればいい?余裕がない2つの原因と対策

育てにくい子ども
スポンサーリンク

子育てが大変過ぎて毎日が辛い、もう子育てなんてやめてしまいたい。育てにくい子供の子育てに疲れ果てていると、子育てに余裕がなくなってしまいますよね。

なんとか現状を脱却して、余裕を持った子育てをしたい。

そんな風に考えている方に、子育てに余裕がなくなる原因と、余裕を持って子育てができるようになる対策をお話しします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子育てに余裕がない2つの原因とは?

2人目、3人目の子育てをしている方は、余裕のある子育てをしているように見えて、憧れますよね。

なんで自分はこんなに余裕がない子育てになってしまうんだろう、、、と悩んでしまう気持ち、とてもよくわかります。

私もかつて、長男が小学3年あたりまでは、完全に子育てに振り回されていました。余裕を持てない自分が嫌でしたし、ドーンと構えているママさんがうらやましかった。

時が過ぎた今は、もう子育てには振り回されていません。余裕があるのかどうかはわかりませんが、余裕がない子育てにはなっていませんね。

いろんな方からの相談を受けていると、過去の自分を含め、子育てに余裕がないと感じている方にはある2つの特徴があると感じました。

自分をダメな親だと思い込む

1つめは、子育てをしている自分のことを「私は子育てもちゃんとできないダメな親だ」と思い込んでいることです。

過去の私も、自分はダメな母親だと思い込んでいました。

長男が発達障害だと受け入れたつもりでいながらも、

  • 自分の接し方が悪いのかもしれない
  • 自分が子育ての方法を間違えているのかもしれない
  • 子育ての環境が悪いのかもしれない

こんな風に、たくさんの「かもしれない」を常に持っていました。

「かもしれない」なので、完全に妄想だな、って今では客観的に考えられますが、当時は完全に自分のせいかもしれないと思っていました。

全く根拠がないですし、本当にタダの妄想です。

まずは妄想と、現実を、しっかりとわけて認識できるように分けて考えましょう。

子供を変えられないと嘆く

子供が自分の思い通りに動かないと嘆いている方は、結構多いかもしれません。

親同士で話していても、口をそろえて、

  • 勉強しない
  • ゲームばっかり
  • 遊んでばっかり
  • 忘れ物が治らない
  • 手伝いをしない
  • 手紙を出さない
  • 言う事を聞かない

などなど言っていますよね。

間接的に子供のことを否定していることになるのでは?

ここで一度、客観的に考えてみましょう。

  • 勉強しない→だからダメ
  • ゲームばっかり→だからダメ
  • 遊んでばっかり→だからダメ
  • 忘れ物が治らない→だからダメ
  • 手伝いをしない→だからダメ
  • 手紙を出さない→だからダメ
  • 言う事を聞かない→だからダメ

これって、結局全部子供の事を間接的に否定することになりませんか?

子供本人に言わなくても、子供の行動や様子から、これではダメだと否定しています。

子供は親の思い通りにするものではない

根本的なことではありますが、子供は親の思い通りに生きるお人形ではありませんよね。

頭ではわかっているのですが、結果的に子育てをしていると、親の思い通りに動かそうとしてしまうのは、親のあるあるだと思います。

「転ばぬ先の杖」という愛情表現で、子供に苦労させたくない、幸せになってもらいたい。

子供の不幸を願う親はいません。だからこそ、見えない穴にはまってしまうのでしょう。

子供に親の決めたレールを生きもらいたいのか?

逆の発想で考えてみると、親は、子供に、親の決めたレールの上を文句も言わずに生きていってもらいたいのでしょうか?

矛盾する話になりますが、おそらくそれは望んでいない。そんな気がします。

要するに、自分の好きな仕事をして、自分で食べていけるような大人になってもらいたい。そう望んでいるのではないでしょうか。

この矛盾が、子育てに余裕をなくしてしまう原因だと私は考えます。

親として自分が望んでいることと、実際に子供に対して行動していることにズレが生じているのに、気づかずに自分を責め追いつめている。

そして、子育ては辛い、子育てに余裕がない、と思い込んでいると思います。

スポンサーリンク

子育てに余裕を生み出す2つの方法

では、子育てに余裕がある状態とは、どういうことなのでしょうか。

まず自分を満たす

子育て中はどうしても子供のことが優先になりがちです。

もちろん、子供のご飯やお昼ね時間、公園遊びなどの都合もありますが、親のやりたいことをすべてあきらめる必要はありません。

  • 好きなドラマを観る
  • 音楽を聴く
  • カフェに行く
  • 買い物に行く

週末は旦那さんに子供を預け、友達と食事に行けばいいですし、頼れる親や親戚が近くにいるなら預けてしまえばいいのです。

  • ベビーシッター
  • 保育園の一時保育

頼る人が誰もいないなら、とにかくぐっすり寝ましょう。子供が寝たら入浴剤を入れてお風呂に入りましょう。 指1本でいいので、ネイルを塗ってみましょう。

自分を満たすことを忘れずに、ということです。

放っておく(見守る)勇気を持つ

とても難しいことではありますが、子供がやることに口出しをせず、見守ってみましょう。

子供が何をやろうとしているのかを、気づかないふりをしてそおっとしておくのです。

そして、親は自分ののやりたいことで時間を過ごし、子供にはいちいち構わない。放っておきます。

  • 安全には気を付ける
  • 社会のルールは守らせる

最低限のところだけはしっかりと見張っておき、あとはある程度自由にさせる。

勇気のいることですが、チャレンジしてみることで子育てに余裕が生まれてきますよ。

スポンサーリンク

振り返り|子育てに余裕がないのは「知らない」不安と子供への過干渉

誰でも初めての子育ては、わからないことだらけで不安だらけです。

先輩ママは、とりあえず子供が死なない方法を知っている。どのくらい放っておいても大丈夫なのかを知っている。

つまり、子育て経験の差は子供に手を掛けるちょうどいい量を知っている、ということになるわけです。

私もこの「ちょうどいい量」がわかるようになったのですが、子供はすでに大きくなってしまいました。

もっと子供達が小さい頃に、子育てに余裕がなくて奮闘していた頃に知りたかった。

もしかしたら信じられなくて、素直に実践できないかもしれないけど、知っていれば違っていたことは確かでしょう。

今の時代は情報化社会です。

先輩ママの情報をうまく利用して、自分の子育てにどんどん応用してくださいね。

スポンサーリンク
育てにくい子ども
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花緒の相談室
タイトルとURLをコピーしました