ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHD(注意欠陥・多動性障害) ADHD

ADHDの長男を育てています。長男の子育て経験から、現在ADHDのお子さんを育てている方に参考になるような情報をご紹介しているブログです。

【ADHDについてわかること】

  • 薬、診断や検査など病院のこと
  • 接し方や対応方法などの経験談
  • ADHDの子供の困りごと、悩みごと
  • 習いごとのはなし
  • 勉強や宿題、忘れ物の対策

ADHDの子供は、特性的に理解されにくく怒られやすいので、自己肯定感が低くなってしまうことが考えられます。

子供の頃からADHDの特性を理解され、配慮されることで、うまく自分をコントロールしていけるようにした方が、子供の将来的にもいいと思っています。

他人に配慮を求めるだけではなく、ADHDの子供本人が自分にできることと難しいことを把握し、助けてもらいならが役にたてるような子育てとは何なのか、長男の子育て経験を通して考えてきたことをご紹介しています。

ADHD

「疲れた」「しんどい」ADHDのつらい子育てを乗り切る6つの対処法

ADHDの子供の子育てはとても大変です。なんでうちの子はこんなに大変なんだろう?と悩んでいませんか?ADHDのつらくて大変な子育てを今日も頑張っている方のために、今だから思いつく6つの対処法をお話しします。
ADHD

ADHDの子供は習い事が続かないと言われてしまう理由とは?

ADHDの子供は習い事が続かないと言われていることについて、ピアノ講師経験とADHDの長男の子育て経験から理由を考えてみました。正直、習い事が続かない理由は子供だけの問題ではないと思っています。ADHDのお子さんの習い事を検討されている方の参考になればうれしいです。
2020.01.18
ADHD

ADHDの子供の片づけ術|共有スペースにある物は捨ててしまうスパルタ方式

片づけることに意識が向かないADHDの特性を持つ子供達。意識がないからといって、居間や玄関、風呂場など家族共有のスペースに物を置かれると足の踏み場がなくなって本当に困ります。「片づけて」という声掛けで片づけるわけもなくたまっていく物を片づけ続ける毎日に疲れてしまった方へ、いっそ捨ててしまえばよいのでは?という提案です。
2020.02.11
スポンサーリンク
ADHD

ADHDの子供迷子対策|どこかに行ってしまう・いなくなってしまう前に親にできること

ADHDの子育てで、何が一番大変って、このどこかへダッシュで行ってしまうことだと思います。家の外に一歩でたら、子供がいなくならないように見張ることに疲れ果てた私の経験を活かし、今まさに子供の迷子に不安を感じ困っているお母さんへ、深い同情とアドバイスをお伝えしたいと思います。
2020.02.10
ADHD

ADHDの子供が迷惑をかけてしまう3つの行動と親ができる対策

ADHDの子供が興味ベースですぐ動き、すぐ触り、大声で話す。このような事をする子供に先生は迷惑という言葉を突き付けてきます。そんな子供を怒っても解決にはならないと思います。今回は迷惑になってしまうADHDの子供に親ができる対応と対策をご紹介します。
ADHD

【全96種類】ADHDの子供におすすめ!特性に合った習い事選び

ADHDの特性がある子供にはどんな習い事が合うのでしょうか?子供に習い事をさせたいけど続かない、とお悩みの保護者の方向けに、85種類ある習い事の中からADHDの特性に合う習い事を徹底的に考えてみました。お子さんの習い事選びの参考になればうれしいです。
2020.01.18
ADHD

【ADHDは習い事が続かない?】ADHDの子供が習い事を辞める9つの理由

ADHDの特性があると習い事が続かない(1つのことが続かない)というのはよく聞く話。 私はこの手の話は論点が違うと思っているので、講師経験から私の見解をお話しします。子供がADHDだから習い事が続かないと悩んでいる保護者の方、ADHDの生徒がすぐに辞めてしまうと感じている講師の方に参考にしていただけたらうれしいです。
2019.12.20
ADHD

ADHDの子供はどんな特徴がある?ポイントを押さえた4つの接し方

ADHDの子供の特徴を確認し、特性のポイントを押さえた接し方についておはなししていきたいと思います。考え方も接し方も花緒流ですが、策が尽きてしまった方はぜひ参考にしてみてくださいね。
2020.03.10
ADHD

薬は飲む?飲まない?ADHDの子供と薬のはなし

ADHDと診断されている子供に薬を飲ませた方がいいのかどうか悩んでいる方へ、ADHDの困りごとへの対策として薬を飲むか飲まないかというお話しをしていきます。
2019.12.17
ADHD

ADHDの根本を考える/カテゴリ分けに問題がある?という仮説

今日はADHDの特性として重要度が高い「忘れる」ということについて、そもそも論で見たり聞いたりした時点で記憶するのかスルーするのかのカテゴリ分けができていないのではないか?という私の勝手な仮説についてお話ししていきます。
2020.02.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました