発達障害(全般)

発達障害(全般) 発達障害(全般)

発達障害全般(ADHD、LD、ASDなど)について、私が知っていること、考えていることなどの情報を発信しています。

発達障害

【新提案】発達障害の子供の偏食とご飯メニューの考え方

子供の偏食は、毎日の食事を作る親にとって悩みの種ですよね。栄養を考えメニューを試行錯誤してもなかなか食べてくれないと、子供の健康面に不安を抱いてしまい、つい怒ってしまうこともあるでしょう。発達障害の子供の中には、感覚的な苦手さからくる偏食がみられると思っています。今回は子供の偏食と食事の考え方をお話します。
発達障害

貧血注意!【偏食の子供用】食事からとれない栄養素を補う3つの方法

子供の偏食で一番困るのは、子供の成長に必要な栄養素が足りず、発達に影響が出るのではないか?と不安になることですよね。長男も次男も貧血になってしまった経験から、気づきにくい子供の貧血と発達障害の子供の偏食をどうカバーしていくのか、というお話をしていきます。
2020.07.26
発達障害

子供との接し方がわからない?シンプルな考え方で解決策を知る方法

子育てが大変だと、どうやって子供と接していけばいいのかわからなくなる時がありますよね。そんな時はシンプルに考えていきましょう。今回は、子供との接し方を改めて考え直すための方法を紹介します。
2020.07.17
スポンサーリンク
ADHD

ADHDの子供に合う習い事は運動系の個人レッスンがおすすめ

ADHDの習い五とには運動系で個人レッスンができるところがおすすめです。今回は、ADHDの特性を持つ子供の習い事について、さまざまな方面んから考えてみました。ADHDの子供の習い事、どれを選べばいいのかわからない、という方の参考になればうれしいです。
自閉症スペクトラム症

ASDなど発達障害の子供に二次障害が起こる理由とは?

コミュニケーションに苦手さがあるASD。ASDの特性があることでうまく理解されず、二次障害に陥ってしまうことがあります。今回はASDの二次障害にはどんな症状があるのか、二次障害に陥ってしまう背景にはどんな理由があるのか、ということについて考えていきます。
自閉症スペクトラム症

空気を読むとはどういうこと?空気が読めないASDの子供への教え方

「空気を読む」「場の空気」って何?発達障害の中でもADHD(注意欠陥多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム障害)は空気が読めないことが特性として挙げられ、困りごとも多いと感じています。ASDの子供と接している方のために、空気って何なのか?についての説明方法をご紹介します。参考にしてください。
ADHD

片付けられないADHDの子供に片付けなくても良い部屋を作った結果

ADHDの子供と暮らしていると片付けへのストレスがハンパないのです。もうイヤだ、これ以上、子供の片付けに自分の時間を取られたくない、心底そう思い、今までとは真逆の工夫にチャレンジ!その結果、びっくりする程うまくいきましたので、方法をシェアします。ADHDの子供の片付けに悩まされている方の参考になればうれしいです。
発達障害

【発達障害の特性を持つ家族と暮らす】予想される困りごとと接し方

発達障害の特性がある家族と暮らしていくことは、理解して受け入れていないとなかなかうまくやっていけないと考えています。人それぞれの家族の関係は本人たちにしかわからないことですが、私が予想できると困りごとと、私の経験から提案できる接し方の案をご紹介します。
発達障害

発達障害の子供が苦手なコミュニケーションのメリットと必要性とは?

空気が読めない、相手の気持ちがわからないことで、コミュニケーションがうまく取れない発達障害の子供たち。意味がわからないまま否定される機会が多くなることで、療育や家庭での声掛けがうまくいかない場合があります。今回は、コミュニケーションがなぜ必要なのか?療育や訓練の目的としてコミュニケーションのメリットを知ってもらいます。
発達障害

空気が読めない発達障害の子供に教えるコミュニケーションの基本

アスペルガー障害やADHDの子供は他人の気持ちがわからない、場の空気が読めないことでさまざまな困りごとが起きてしまいます。今回は、他人の気持ちがわからなくてトラブルが多い、場の空気が読めなくて困っている、そんなお子さんと接している方へ、空気が読めない発達障害の子供にコミュニケーションの基本教える方法をご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました