【小学校での読み聞かせ向け】中学年におすすめの絵本10冊

絵本
スポンサーリンク

こんにちは!読み聞かせに行く時は、バッチリ練習してから行く花緒です。 今日は小学校で読み聞かせをやることになったけど、中学年って何を読んだらいいの?読み方はどうすればいいの?といった疑問についてお話ししていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学年なら長めの絵本も読める!小学3年生・4年生向け読み聞かせの絵本10冊

絵本から飛び出るおはなし

初めての読み聞かせ、結構緊張しますよね。私も初めて学校の読み聞かせをやったとき、とても緊張しました。

自分が結構緊張するタイプであることはわかっていたので、しっかりと練習し、事前に段取りを考えてから望みました。おそらく、読み聞かせ自体は、子供側に絵本を向けて、読み手は横向き状態で絵本を読めば良いだけなのでしょう。

毎年毎学期、クラスでの読み聞かせを続けてきて、私なりの読み聞かせの決まりのようなものができました。私流ではありますが、読み聞かせの参考になればうれしいです。

2人で読む場合の読み方はこちらを参考にしてください。

それでは3・4年生向けに私がピックアップしているおはなしを紹介します。

ウエズレーの国/ポール・フライシュマン

他の子とはちょっと違う個性のある少年のおはなしです。夏休みの課題「自由研究」についてのおはなしなので、1学期あたりに読むとちょうどいいかもしれませんね。

3年生で読んだときは、みんな興味津々でした。絵も魅力的だし、ストーリーも魅力的だし、何よりも主人公目線で展開する思考や発想がおもしろいと思います。

図書室の先生が読んでしまう確率大なので、読む前に確認した方がいいと思います。

としょかんライオン/ミシェル・ヌードセン

ご存知の方も多いかもしれませんが、1・2年生よりは3・4年生の方がいいかなと思います。というのもおはなしが長めなので。ちょっと長いはなしでも集中して聞ける学年かなと私は思っています。

動物とのかかわりは、ほほえましくていいですよね。この絵本も図書室の先生や他の読み聞かせの方が読んでしまう確率大!要確認です。

パンのかけらとちいさなあくま(リトアニア民話)/内田莉莎子

しっかりとした教訓がある絵本です。おはなしの内容も面白く、展開や爽快感もあるので、読み聞かせ向きだと思います。民話なので学年を選ぶわけではありませんが、少し長めのおはなしということで中学年向きかな。

メガネをかけたら/くすのき しげのり

メガネをかけることになった女の子のおはなし。何て言われるのか不安で繊細な子供心が描かれています。子供の現実に一番近い絵本なんじゃないかなと思って読み聞かせ用にピックアップしています。

それしか ないわけ ないでしょう/ヨシタケシンスケ

タイトル通り、それしかないわけないでしょう。と数々の代案が提案されていくおはなし。子供にとっては物の見方考え方は1つじゃないよ、という教訓になるかもしれませんし、実際のところ、大人が読んだ方がいいんじゃないかと思うような絵本です。

ほんとうのことをいってもいいの?/パトリシア・C.マキサック

少しずつ、自分と自分以外の他人の存在を意識する学年になってきますよね。中学年はちょうどその辺、自我が芽生える芽生えない、自分って何なんだろう、人間って何なんだろう、何で生きているんだろう、みたいな深いことを考え始める子供もいます。

そんな中で思っていることを全部口に出して表現するとどうなるのか、ちょっと道徳的な内容をおはなしにしている絵本です。

僕は46億歳。 親子で読む、壮大な「地球史」カレンダー/豊田充穗

本当は2年生で読む予定だった絵本です。予定だったのですが、あまりにおはなしが長くて断念。2年生のテーマを「地球」にしていたので、どうしても読みたかったのですが、内容的にも中学年以上、もしかしたら高学年の方がわかるのかもしれませんが、私は中学年で読みます。

地球が私たちに語りかけるという、あまり類のない絵本です。

おによりつよいおよめさん/井上よう子

昔話に学年は関係ないかなと思って、昔話関係はピックアップしていないのですが、この絵本は昔話風なのでいいかなと。

もし、東北の方言が喋れるなら、田舎言葉のようななまり付きで読むと、子供たちも面白いみたいです。そして、意外や意外、恋愛ものです。

たべることはつながること しょくもつれんさのはなし/パトリシア・ローバー|8分50秒

科学絵本のようなものも、読み聞かせのジャンルに入れておくと、結構読めるレパートリーが増えますね。実際に必要な知識ですし、絵本になっていればわかりやすいですし。

簡単なものから、ちょっと複雑なもの、より専門的なものなどいろいろあるので、時間調整や他のおはなしとの組み合わせに使えます。

そして生きることの基本である食べ物。食物連鎖はまだ子供たちの間ではあまり知られていない情報です。命がつながっているという意味でも興味深いおはなしです。

似たようなおはなしに「ねむりのはなし」もあります。

福音館の科学シリーズ絵本はこちら

どうぶつ会議/エーリヒ・ケストナー

人間側が考える共存共栄ではなく、動物側から考える共存共栄です。がっつりと会議をしている動物たちの様子が結構おもしろいです。

キャラクターもはっきりしているし、主張もあるので、読み聞かせ向き。でも最後の結論は・・・。難しい問題です。読み終わった後に、子供が何を思うのか。そこが楽しみな絵本です。

スポンサーリンク

【一般論とは違う】固定観念にとらわれない小学校での読み聞かせ方法~花緒流~

ライオンに読み聞かせる女の子

読み聞かせをやっている読み手の方々は、みなさん、口をそろえて読み聞かせはこうじゃなきゃ、というおはなしをされます。(何人もの読み手さんから直接きいたり、ネットで見た)

読み聞かせの固定観念を捨てて何を伝えたいのかを明確にしておく

読み聞かせの基本的な読み方としては、

子供側に絵本を向けて、読み手は横向き状態で絵本を読めば良いだけ

です。横向きで絵本を読むのはかなり読みづらいので、何回か練習した方がいいと思います。読み手が何回も詰まって読むと、話自体がわからなくなってしまうので。

そして、一般論的な読み手の極意、

  • ゆっくりと聞きやすい声で読む
  • 抑揚や感情をつけずに淡々と読む
  • 読み手の固定観念を押し付けない
  • 読み聞かせは絵本との出会いの場であること理解する

こちらでやってみようという方は、この極意を胸に読み聞かせの使命を全うしましょう。

一般的な読み手の極意には何か納得がいかないぞ、という方は花緒流を参考にしてみてください。その後、自分流ができていくと思います。

何の信念も持たず、テーマも持たずに読む

「固定観念を捨てて何を伝えたいのかを明確にしておく」こんなタイトルを掲げておきながら「は??」って感じですが、固定観念にとらわれないという意味では1つの方法です。

ただ、自分が面白いと思った絵本、子供の頃に読んで思い出に残っている絵本、口コミで人気のある絵本、家にある絵本、そんな絵本を普通に読む。

普通というのは、あなたが家で自分の子供に読み聞かせるなら、こうやって読むなという読み方のこと。一般的な普通ではなく(極意になってしまうから)あなたにとっての普通。

一番簡単で、明日にでも読み聞かせに行けますね。

伝えたいテーマを絞っておく

絵本選びに悩む理由って、あまりにも多くのジャンルの絵本があるからだと思います。昔話しかなければそれしか読まないもの。悩みませんよね。

たくさんの絵本があるということ。だから何を読んだらいいのかわからないということが起きてしまいます。

それなら、読み聞かせをやるにあたって、自分は何か子供に伝えたいことはあるのかな?と考えてみましょう。ジャンルはたくさんありますから、自分の気持ち優先で考えて大丈夫。必ずヒットする絵本があります。

参考までに私が絵本を選ぶ基準にしているテーマをのせておきます。

※むかしばなしは学年に関係なく読めるものだと思うので選んでいません。

1年生・・・動物、1年生、参加型の内容
2年生・・・地球
3年生・・・自分や他人などの人
4年生・・・命
5年生・・・共存共栄
6年生・・・古典、差別、自然破壊、学術、文学、将来につながる内容

読み聞かせに対する不安と解決策について、こちらの記事でお話ししています。合わせて参考にしてみてください。

むかしばなしは、こちらから選びましょう。

こんな風にテーマがあると、その中から自分の思いにヒットする絵本を探せばよく、探すのはネットで「テーマ+絵本」と入力すればあっという間に絵本のタイトル候補が出てきます。

山場のある絵本・起承転結がはっきりしている絵本が読みやすい

いわゆる「オチ」がある話ってことですね。最初から最後まで同じトーンが繰り返される絵本もありますし、主人公の思いだけで終わってしまう話もあります。

1人で読む、親が子に読んであげるなら、そんな世界もステキなのですが、30人近くいる子供の前で読むのであれば、何かしらの山場があった方が圧倒的に読みやすいです。

「チャンチャン」とか、「めでたしめでたし」というような、ちょっとスッキリしたり、納得がいったりした方が、読み聞かせてもらった感がでるんじゃないかという私なりの考えです。

おはなしの内容によっては、淡々と読むこともありますが、そういう内容はあまり選ばないかも。

まったりとした絵本の世界観を味わいたいのなら、クラスの読み聞かせじゃなくてもいいと思うので。

ですので、スピード感いっぱいの速さで読んだり(掛け合いのセリフとか、戦う、追いかけられる、感動的な場面の前など)、逆にゆっくりと言葉を伝えるように読んだり(解決する、はなしの始め、新たな展開になったときなど)ということを組み合わせて1つのおはなしを読んでいます。

ということは、絵本が決まったらある程度練習して、どこが山場なのか、どんな背景なのか、登場人物はどんな気持ちなのかなど、国語の授業さながらに予習した方がいいということですね。

山場のある絵本選びに迷ったら「ともだちやシリーズ」がおすすめ。

伝えることが決まったら時間内に終わるようひたすら練習するのみ

読み聞かせの時間は長くても20分くらいでしょう。短いと10分ですし、朝の時間なら15分くらいかな。全てを時間内に終わらせる練習をしましょう。

  1. あいさつ(○○の母です。読み聞かせにきました)
  2. 1冊目の絵本は○○です→読む→○○というおはなしでした。
  3. 2冊目の絵本は○○です→読む→○○というおはなしでした。
  4. これで今日の読み聞かせをおわります。ありがとうございました。

段取りはこの4パターンでいけるでしょう。本が1冊なら1冊だけ、複数ある場合はタイトル紹介→読む→読んだタイトルを繰り返せば良いだけです。

時間内に終わらせるコツはこちら。

2冊以上読む場合は、同じテーマで選んだ本が続かないように、

  • 昔話+物語
  • 科学絵本+物語
  • 絵本+紙芝居

といったような組み合わせにすると子供が飽きません。

あとがきで絵本の内容の補足を抜粋して読んで理解を深めてもいいし、絵本の内容にでてくる言葉を知らないなと思ったら、読み終わったあとにちょっと説明してもいいですし、実際の絵や写真のイメージを見せてもいいでしょう。(極意ではやってはいけないと言われていること)

絵や写真を使う場合は、著作権に気を付けましょう。

あとは実践のみ。回数を重ねるごとにコツがわかってきて、自分流ができあがりますよ。

読み方のスピードについてはこちらを参考にしてください。

【体験談】学習障害の長男が絵本は読めないが本好きな理由

ちょっと話はそれますが、私がなぜ、一般論から外れた方法で読み聞かせをしているのか、その理由をはじめにおはなししておきますね。

発達障害の長男が飽きないようにに固定観念に縛られない自由な読み方をした結果

  • 子供は絵本を読むものだ
  • 1人でも読めるものだ

そんな固定観念に私が縛られていた頃、長男が自分で絵本を読み始めるであろう年頃になるまで、いろんな絵本を読んであげたい。と、図書館で借りた本を毎日読んでいました。

ADHDだし普通に読んでも飽きてしまう長男でしたので、飽きないように役になりきったり、効果音をつけたり(何かを叩いたり、音の鳴るおもちゃを鳴らしたしただけ)、早口で読んだり、ゆっくり読んだり。

とにかく単調にならないように読み続けた結果、長男は自分で絵本や物語を読むことはできませんが、本の世界、絵本の世界、漫画の世界、活字を読むということ自体は苦手意識は持ちませんでした。

苦手なんじゃなかったの?と思うくらい、読みたい気持ちが強く、結局頼まれて私が読むうちに、今では1時間クラスの本を読んであげることもあります。

夏休みの宿題に必ずと言っていいほどある読書、そして読書感想文。6年生である今年は「250ページ以上のものがたり」が宿題です。

子供だから絵本をよめば想像力がつくとは限らない|いろんな脳の特性に合わせた読み方を提案

文字や文章から、映像として想像することが難しい長男に、ゆっくりとした口調で淡々と読み聞かせても、初めての言葉の意味や表現はとても伝わりにくく、話の内容を理解しづらくなってしまうのです。

学習障害を含めた発達障害の子供のように、脳回路や脳機能に特性がある子供が、クラスの中には何人かいるですよね。

子供だからみんながみんな、絵本が読めるということではなく、子供だから想像できるとは限らない。

だから刺激して鍛えるのって言わるのでしょうが、普通の読み方ではその神経がうまくつながらない子供だっているわけです。

そんな思いがあって、私は自分で絵本を読む場合、一般的な読み聞かせの固定観念は忘れ、自分の頭の中で映像化され、面白くなっている部分がきちんと子供達に伝わるような読み方をしていいます。

そのおかげなのかはわかりませんが、長男は、学習障害でも本が嫌いではありません。

スポンサーリンク

振り返り|中学年での読み聞かせは自由に読んだ方が子供の反応も良く楽しい!

ドラゴン

中学年向きの絵本をピックアップしていきました。まだまだ紹介したい絵本はたくさんあるのですが、とりあえず10冊くらいずつしか見れないですよね。

とにかく読み聞かせに行ってみてください。あまり深く考えずに行っても、子供はちゃんと聞いてくれますし、それなりの反応もあります。

反応なんてなくてもいい、静かに聞いていなくてもいい、とにかくやってみよう!くらいの気持ちでチャレンジしてみてくださいね。頑張って!

スポンサーリンク
絵本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花緒の相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました