習いに行かなくてもピアノは弾ける!親が教えるピアノレッスン

ピアノ
スポンサーリンク

ピアノを習わせたいけど、下の子や手がかかる兄弟がいて、習い事に通うことを躊躇している方へ、わざわざ習いにいかなくたって、親が教えればいいのです、ということをお話します。

こんにちは!私は親にできないことだけを習い事として外注すればいいと思っているので、自分で教えられることは親が教えればいいと思っている花緒です。

ちょっと無理すればピアノ教室に通わせてあげることもできるのかもしれませんが、「うーん・・」と考えてしまうなら、いっそ習いに行かない選択肢だってあるんです。

ピアノを習わせたい=ピアノ教室に行かなければいけない

今日はこの辺の固定観念を大きくはずし、ちょっとでもいいので出来る方向へ考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新提案その1:まずは親がピアノを教えれば良い

親が教える姿

「えーー??教えられるわけないじゃん」って思いましたよね。

すでに何年もピアノを習っていて、引っ越しなどでピアノを習う環境が変わってしまった場合は別ですが、これから習わせようと思っているのであれば、親でも十分に教えられますよ。

いやいや、私ピアノ弾けないし、弾き方知らないし楽譜も読めないんだけど。両手とか絶対無理だし。

っていう声が聞こえてくるなー。そんなのわかってますって。100の承知の上で言ってます。これだからスパルタだって言われるんですけど、よーーーーーーおく考えてみましょう。

これからお子さんにピアノを習わせたいのですよね。ドがつく初心者ですよね。親世代の人たちは、みなさん鍵盤ハーモニカ、できますよね。リコーダーだって学校で習いましたよね。

ちょちょとか、ちゅーりっぷとか、きらきら星とか、かえるのうたとか、弾けませんか?最初の出だしだけでも弾けますよね。ピアノ弾けませんっていう人でも、大抵の人はかえるのうたとか、チャルメラのフレーズとか何かしら弾けるんですよ。

だから、みなさん、弾けるんですよ。ピアノ。私だってみなさんにショパンのノクターンを弾けなきゃ、ピアノなんて教えられないって、そこまでスパルタなことを言ってるわけじゃないんです。

固定観念を捨てましょう。ピアノは教室以外でも弾けるようになります!

  • 基礎からちゃんとやらないと
  • 楽譜がちゃんと読めないと
  • 始めが肝心

とかそういうの、もうやめませんか?ちゃんとちゃんとって親が思っているから、逆にピアノが嫌いになってしまう子どもが結構いるんですよ。

もっと単純に、もっと気軽に、鍵盤を弾けば良いのです。

確かにピアノ教室に行けば、基礎である座り方から弾き方から楽譜に至るまで、ちゃんと一から教えてくれますよ。

でも、基礎からちゃんとやったからってピアノが弾けるようになるわけじゃないんです。

何よりも大切なのは、ピアノを弾く事が楽しいと思えること

教室に行かなくたって、ピアノは楽しい!と教えることができますよ。

スポンサーリンク

新提案その2:鍵盤であればピアノじゃなくても良い。キーボードで十分

キーボード

ピアノをやるなら、ピアノを買わないとダメですか?という方、とても多いのですが、無理してアップライトピアノを買う必要はありません。

習ってみたけど、興味がわかなくてやめちゃった、ということになったら、とてつもなくもったいない買い物になってしまいます。家にピアノがあるのはステキなように見えますが、実際、使わないなら本当に邪魔以外の何物でもないと思いますよ。

最初は何でもいいのです。家で親が教えるなら、アンパンマンキーボードとかで十分。

リズムも鳴るし、音色も変わるし。楽しく弾けますよね。ちょちょとか、ちゅーりっぷとか。

ちょっと本格的に始めたいなら、キーボードもおすすめです。

サンプルミュージックがたくさん入ってて、録音もできて、鍵盤も光る。弾けなくったって練習できるように作られている優れもののキーボードがいっぱいありますよね。

さらに本格的に近づきたいようでしたら、88件のキーボードもいいですね。

こういうイメージのヤツっていうことなので、何でもいいですよ。いろんなキーボードがあるので、使いやすくて買いやすいもので十分です。

私的にはカシオのキーボードで当分は練習できると思います。

スポンサーリンク

新提案その3:ピアノを両手で弾く必要はない。右手が弾ければそれで良い

右手でピアノを弾く
ピアノを弾く=両手で弾くものだ

と思っていませんか?あまり気づかれていないと思いますが、ピアノだけなんですよ。1人で、メロディも伴奏も演奏する楽器。

だからピアノをトータルで頑張ろうとすると、難易度が高いのです。

だから、始めは右手のメロディだけでいいと思うのです。まずは歌を歌うように、メロディを弾けたら、楽しいと思いませんか?

学校で習う鍵盤ハーモニカも右手だけですから、学校の予習だと思えば良いのです。

右手が弾けるようになれば左手も練習しやすくなります。両手の指が動くようになれば両手同時に弾いてみることも可能になります。

何事も1つずつで良いのですよ。階段を上がるようにスモールステップで。

そう考えたら、アンパンマンキーボードとか、カシオのキーボードで十分だと思いませんか?あまり複雑に考えずに、気軽に遊びの延長でやってみれば良いのです。

スポンサーリンク

新提案その4:親が教えるピアノの教え方のポイント3つ

3つのポイント

さて、親でもピアノを教えることはできますよ、とお話ししていますが。具体的な方法をご紹介しましょう。

自宅学習と教室の違いは「継続する」ということ

教室に通ってしまえば、必ず定期的にレッスン室に行き、練習していなくてもレッスンでピアノを弾くんですよ。

でも、自宅で親が教えようとすると、どうしても時間や場所に決まりを作れなくて、やり過ごしてしまううちにやらなくなってしまうということが起きてしまいます。

自宅で親が教えるにしても、時間と場所は必ず決め、20分でも30分でもいいので鍵盤の前に向かうことをおすすめします。

5本の指全部を動かすから脳トレになる

普段の生活で使う指は、大抵限られています。

親指・人差し指・中指。この3本が圧倒的に多く、薬指・小指の出番は少ないですよね。ですので、薬指と小指の指の力は、他の3本に比べると圧倒的に弱いです。

ピアノが脳トレになる理由の1つは、普段使わない指も使うから脳トレになると思うのです。

ということで、親指から小指まで、全ての指を使う練習を1レッスンで1回はやることをおすすめします。

要は「ドレミファソファミレド」と親指から順番に弾けば、必然的に小指までいって親指に戻ります。

たった1回でもいいと思います。しかも指の練習に限っては左手もやりましょう。小指から順番に弾けば良いだけです。

あとは好きな曲でも弾いて楽しみましょう。

リズムを付けて弾いてみよう

キーボードを前提にお話ししているので、ピアノの方はYoutubeやアプリなどでリズムを探してみてくださいね。

ピアノという楽器は、自分で弾いた音で、リズムを生みださなければいけません。正確な表現をすると、ピアノはリズム楽器の仲間、ドラムやベースと同じ仲間なんです。

サックスやボーカルのようなリード楽器ではないんですね。リズムを作る楽器です。

なのですが、初心者がリズムを生みだすのはとても難しく、リズムを感じられないからピアノが面白くないと感じてしまうことがあります。

ということで、てっとり早くキーボードのリズムをかけて、そのリズムにのって弾いてみると、とても楽しいですよ。

テンポの速さは大抵変えられるので、ゆっくりから始めてもいいですし、速いテンポをかけて全然のれてなくてもたのしければ良いと思います。

始めから全てを求めない、というのも長続きさせるコツの1つですし、教室に習いにいってもその辺のさじ加減を先生は心得ています。

まずは親が試してみるといいですよ。意外と難しいと思うかもしれないし、思っていた以上におもしろいと思うかもしれませんね。

ピアノ以外の音色で弾いてみよう

やっぱりキーボードを前提にお話ししているので、ピアノの方はあきらめてください。ピアノ以外の音色は出ませんものね。すみません。

キーボードの方は、ハープシコードやベルなどの別の音色で弾いてみましょう。

ピアノは音が消えてなくなっていく楽器ですが、オルガンなどのように音が消えずに伸びる楽器もあります。

音色によって同じ弾き方でも、響きが違うのでとてもおもしろいと思います。太鼓などの打楽器の音が入っているキーボードもありますので、リズム練習もできますね。

いろんな楽しみ方ができるので、飽きずにいろんな発見をしてみるといいですよ。

スポンサーリンク

新提案その5:どうしても難しいなら先生に来てもらおうor一人で通える年齢になったらピアノ教室へ行こう!

ピアノを弾く男の子

いろいろおすすめしてみましたが、親が何かを教えようとすると、どうしても押し付け状態になってしまって子どもを怒ってしまうからできない、という方もいますよね。

なぜか、自分の子どもだと、「どうしてできないの!」と怒ってしまうと悩んでいた友達がいました。

気持ちはわかるので、そのような場合は、自宅に出張にきてくれる先生を探してみるのも1つの手ですね。レッスン代以外に出張料もかかるかもしれませんが、意外とお子さんに合っているかもしれません。

その場合は、アップライトを買ってくださいと言われるかもしれないので、先生と相談してみてください。先生によっては、一緒にキーボードを楽しんでくれる先生もいますよ。

そして、一人で教室に通えるようになったら、教室に行ってもらいましょう。その時までピアノを習いたいと思っていたらの話ですけどね。

スポンサーリンク

振り返り|ピアノは誰にでも弾ける!固定観念にとらわれないで教えてみよう

音符アート

今の時代、何でもかんでも習い事に頼っていないかな、と思うのは私だけでしょうか?

おそらく、夫婦の好きな事、得意な事に関しては、習い事に行かなくても教えられると思うのです。確かに習いに行く事のメリットも多々あるとは思いますが、つかみの部分は家でやってみてもいいんじゃないかな、というのが私の考えです。

もし、ピアノを習わせたいんだけど、どうしても送迎ができないというのであれば、一度、家で一緒に楽しんでみることを考えてみてはいかかでしょうか?

子どもの成長は早いですから、いずれ1人で通えるようになります。それまでのつなぎだと思って、一緒に楽しめたらいいんじゃないかなと思っています。

スポンサーリンク
ピアノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花緒の相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました