HSC

発達障害

発達障害の子供が苦手なコミュニケーションのメリットと必要性とは?

空気が読めない、相手の気持ちがわからないことで、コミュニケーションがうまく取れない発達障害の子供たち。意味がわからないまま否定される機会が多くなることで、療育や家庭での声掛けがうまくいかない場合があります。今回は、コミュニケーションがなぜ必要なのか?療育や訓練の目的としてコミュニケーションのメリットを知ってもらいます。
発達障害

空気が読めない発達障害の子供に教えるコミュニケーションの基本

アスペルガー障害やADHDの子供は他人の気持ちがわからない、場の空気が読めないことでさまざまな困りごとが起きてしまいます。今回は、他人の気持ちがわからなくてトラブルが多い、場の空気が読めなくて困っている、そんなお子さんと接している方へ、空気が読めない発達障害の子供にコミュニケーションの基本教える方法をご紹介します。
発達障害

発達障害とは何だろう?種類や症状などわかりやすく花緒流に解釈

発達障害とはいったい何なんでしょう?発達障害の認識は広まってきていますが、いまいちよくわからない部分が多いと思います。今回は発達障害は何なのか?ということに関して花緒流の解釈を紹介していきます。子供や家族、自分が発達障害かもしれないという方の参考になればうれしいです。
スポンサーリンク
発達障害

【実践編】かけっこが苦手な子供向け!走りを改善する練習法

かけっこが苦手だと思っているのは、実は走り方を知らないだけかもしれません。今回は、走る事が苦手な子供の問題点を根本から改善できる練習法を提案します。自分は走れないと思い込んでしまっている発達障害の子供や、頑張って走る練習をしてみたけれど、さっぱり速くならないという方の参考になればうれしいです。
発達障害

運動会が苦手な発達障害の子供向け!かけっこの走り方を教えるコツ

運動会のかけっこが苦手な子供に走り方を教えるコツをご紹介します。発達障害の子供に限らず「走る」ということに苦手さを感じている子供の走り方を分解して考え、理解することで、ポイントを押さえた走り方を教えられるようになります。今年の運動会は、少しでも速く走れるようになりたい、を叶えられるきっかけになればうれしいです。
発達障害

運動会が苦手な発達障害の子供向け!走ることが苦手な理由と 走りやすいおすすめの靴

走ることが苦手、運動会の徒競走が苦手な子供が速く走れない理由を考えてみました。走りが苦手な発達障害の長男を参考に、一応陸上部だった私がうまく走れない理由と発達障害の関係から考えています。合わせて走りをサポートする靴についても紹介していますので参考にしてください。
2020.02.02
育てにくい子ども

掃除洗濯は自動化して母親の家事を軽減する!家事機械化計画その2

家事も子育ても母親1人でやるのはとても大変です。育てにくい子供の対応に追われる母親に降りかかる日々の終わりなき家事。科学が発達した現代だからこそ自動化できるところは機械に任せて母親を悪循環から解放しましょうという提案の第2弾、掃除と洗濯編です。
2020.02.14
育てにくい子ども

家事はロボットへ業務委託!母親を家事から解放する家事機械化計画

子育てと家事を平行してやるのは結構大変なことです。特に育てにくい子供の子育てをしていると、終わらない家事がネックになって体もメンタルも疲弊しがち。だからこそ自動化できる家事は機械化してしまいましょう、という提案です。
2020.02.14
発達障害

【苦手を克服するおすすめの教え方】発達障害でもわかる縄跳びの飛び方とは?

縄跳びが苦手な発達障害の子供には、一つずつの動きを分解し体に覚えさせることで運動の苦手を克服できます。今回は具体的な教え方について詳しくご紹介しています。縄跳びが飛べない子供に悩んでいる方の参考になればうれしいです。
2020.01.09
育てにくい子ども

【親はなぜ子供を怒るのか?】気づきにくい原因を根本から解明

子供が危ない時、悪いことをした時、親は子供を怒りますよね。幼少期のうちは怒る回数も多いですが、成長すれば子供を怒らなくなるのかと言えばそうでもない。何回怒っても効きめがない、もう怒ることにも疲れた、という方のために、親が子供を怒る原因を考えてみましょう。原因がわかれば怒らずとも対応できる方法があるかもしれませんよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました