ピアノを練習しない子どものための6つの対策

ピアノ
スポンサーリンク

こんにちは!ピアノの練習で一番好きなメニューはハノンな花緒です。今日はピアノを習っているお子さんに、自主的にピアノの練習をしてもらうための対策を6つ、お話ししていきたいと思います。実際に私が教えていたピアノ教室でアドバイスをしていた方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日の質問:ピアノの練習をしない子どもにいい対策を教えてください。

ピアノを弾く親子

子どもがピアノを練習しないのには、ちゃんとした理由があります。

こちらの記事内容をふまえた上で、親であり大人である私たちにできることを考え、実行していきましょう。

スポンサーリンク

ピアノを練習しない子どものための6つの対策

6つの対策

ピアノを習うか習わないか再検討

ピアノを習い始める前は、お子さんの気持ちや意志を確認して、お子さんが納得している状態で習えるようにして下さい。

ピアノの先生も、人間です。いろんな性格・個性・スタンスを持って仕事をしていますので、お子さんと合う・合わないがあって当然だと思います。大切なのは、ピアノの先生にピアノを習うことよりも、相性の合う大人にピアノを教えてもらうことだと思っています。

「子どもはピアノの練習はしないもの」と思うこと

練習するものだと思わなければ、イライラする必要もありません。子どもは~ものだと決めずに、お子さんのスタンスを見ていてあげてはいかがでしょうか?練習しないと起こるこれから先の未来。それをお子さんに体験させましょう。

練習しない→ピアノを弾けるようにはならない→ピアノがおもしろくなくなる・・・

という負のループに入っていくことは確実ですが、それも1つの経験だと思いませんか?

その後、お子さんからどういうアクションがくるのか、辞めたいと言ってきたら親はどうするのか。

親が考えるのは、いかに強制的に練習させることではなく、お子さんから何かを発信してきたときに、どう応えるのか、だと思っています。

課題曲を好きな曲・弾きたい曲に変更する

好きな曲、弾きたい曲であれば練習するモチベーションになりますので、とても効果的です。お子さんが本当に練習しないというのであれば、一旦やりたくない教材を全ストップして、弾きたい曲に変えてみるといいと思います。それでも練習しない場合は、他のことが原因でしょうね。

毎日1小節の練習でいい!歯磨きのようにピアノの練習を習慣づける

子どもは自分の興味があることは率先してやります。

遊ぶ・テレビを見る・ゲームをやる・おやつを食べる、言わなくてもやりますよね。

逆に、片づけ・宿題・明日の準備・お手伝い・練習は言わないとなかなか動きません。中には親に怒られるのが怖くて、さっさとやる子もいますが、稀な例ですよね。

できれば、ピアノが大好きでおもしろくて興味深くて、ずっとピアノを練習したいという風になってくれたら問題はないのですが、そうなっていたらこの記事を読んではいないはず。

なので、ハードルをグッと下げて、一日一回、一小節でもワンフレーズでもいい。右手だけでも左手だけでもいい。自分の好きな所だけでもいい、なんなら課題曲じゃなくて好きな曲でもいい。

毎日ピアノの前に座り、フタを開けてピアノを弾く。ご飯やお風呂や着替えや歯磨きのようにピアノを弾くことは毎日の習慣である、とお子さんの脳に思い込ませる方法です。

一日一小節で良ければ、子どもはかなりの確率で練習します。

しかも、練習したときに、カレンダーか何かにシールやスタンプでやった証拠を残すと、1か月後、ほぼ毎日練習した成果を目で見ることができ、小さな達成感を感じることができるので、自己肯定感もアップします。

私は変わったシールや面白いシールを使ってたよ。

そして、1か月、2か月と続けていくと、意外にも少しずつ弾けるようになっていくんですね。毎日同じ神経を使っていれば、指だって動くようになりますし、楽譜を目で見て指に指令を出す神経も、その動きに慣れてスムーズになっていくものです。

お子さんが「弾けるようになった」「やればできることがある」と思えるようになったらこの方法は成功です。

「上手」「すごい」という言葉は言わずに感想と質問を伝える

ピアノの練習をしない子がたまに練習をしたときに、「上手だね~」「ピアノが弾けてすごいね~」と言わないように気をつけましょう。「上手に弾かなきゃ、ピアノが弾けないとすごくない」と変な解釈をしてしまうお子さんがいます。特に人の顔色や場の空気感を感じ取れる、敏感な子に多いです。

大人は「上手に弾かなきゃ(ダメ)、ピアノが弾けないとすごくない」なんて、一言も言ってないんです。なのに、このように受け取る子は割といます。言葉で口にしなくても心の中で思っています。

そして、お子さん自身が思い詰めて、あるとき泣き出してしまいます。繊細で敏感なお子さんの場合は、気を付けた方がいい言葉です。

では、何と言えばいいのでしょうか?私ならこう伝えるな、という例を載せておきますね。

こう伝えてみるのはどうだろう?

・○○ちゃんのピアノの音、お母さん好きだな~(反抗期の子には向きません)

・今弾いてたフレーズ、何の音なの?

・何ていう曲?聴いたことがある曲だな~

・今弾いてた曲、テレビで流れてた曲に似てない?

・今の弾き方、気に入った!

最終手段!親もピアノを練習して同じ苦労を味わう

ピアノが弾ける親御さんも、弾けない親御さんも、自らチャレンジする姿をお子さんに見せましょう。実際に親御さんがピアノを習う必要はありませんが、お子さんに「ピアノやります」宣言はしてくださいね。

すでにピアノが弾ける親御さんは、少し難しめの課題、またはジャンルを変えた楽曲にチャレンジしていただき、弾けない親御さんはお子さんにピアノを教えてもらってください。

お子さんに「練習しなさい」と言ってばかりいた親御さんが練習しなかったら・・・

お子さんはどう思うでしょう?続けるということは口で言う程簡単ではありません。大人になれば、できない理由・やらない理由をいくらでも言い訳として言えますからね。そんな言い訳、子どもには通じません。

やってみせる、続けてみせる、そんな大人の背中を見せることが一番の教育だと思いますよ。

スポンサーリンク

振り返り|習慣になるまでは本人の気持ちを大切に考えよう

でこぼこ道を走るバス

子どもを動かすには、はっきりとした目的を提示しておかないと動きませんよね。そのためにも、子どもの気持ちに寄り添い、理解する事は最低条件だと思います。

【ピアノを練習しない子どものための6つの対策】

  1. ピアノを習うか習わないか再検討
  2. 「子どもはピアノの練習はしないもの」と思うこと
  3. 課題曲を好きな曲・弾きたい曲に変更する
  4. 毎日1小節の練習でいい!歯磨きのようにピアノの練習を習慣づける
  5. 「上手」「すごい」という言葉は言わずに感想と質問を伝える
  6. 最終手段!親もピアノを練習して同じ苦労を味わう

ピアノの練習は目で見える成果として表れるわけではないので、なかなかわかりづらかもしれませんが、ちりも積もれば山となる。

地道な練習の成果はピアノだけではなく、本人の大きな自信にもつながります。 大人の私たちは、子どもを信じ、サポートできる事をやっていきましょう。

スポンサーリンク
ピアノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花緒の相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました